オーナーに合わせたフランチャイズ契約が魅力の「千房」

全国に広がるお好み焼きチェーン

千房は大阪から全国に広まったお好み焼きのチェーン店です。
出店形式は主にビルやショッピングセンター、百貨店などへのテナント形式となっていますが、フランチャイズ形式では郊外型の店舗も多く展開しています。

おしゃれで気軽に立ち寄ることができるお好み焼き店として、女性客を中心とした来客がありますが、来客層は年代・男女を問わず幅広いという優位性があります。

千房フランチャイズの特徴

郊外型の店舗も広がりつつありますが、千房が主に力を入れているのは、百貨店や駅ビル、商業施設などで出店する形態です。
すでにあるビルや商業施設のテナントとして入ることが多いため、初期費用を抑えることができるという特徴があります。

また、同じ飲食の他業種と比べて、比較的原価率を低く抑えられることが多いので、事業拡大はもちろん、初めてフランチャイズで飲食店を展開するという場合でも、利益を出しやすくなるでしょう。

オーナーの意向を活かしたフランチャイズ

千房のフランチャイズで特に大きな特徴となっているのは、店舗のデザインや事業計画に関して、オーナーの意向を重視しているという点です。

一般的に、フランチャイズ契約では本部の方針に従うことになりますが、千房ではオーナーの意向や地域性を活かした事業計画や店舗デザインをおこなっています。

たとえばファミリー層が多いエリアなら、ファミリー層向けの店舗作り、個人客や若い世代の団体客が多いエリアなら、若い世代向けの店舗作りや事業展開ができるということです。

ただただ本部の方針に従うだけでなく、地域性を活かすこともできるため、出店する場所に合った営業展開ができるというわけです。

いくつか事業展開をしている法人はもちろん、これからフランチャイズで独立したいと考えている個人でも、きちんと利益がでるような事業計画を一緒に考えてくれるので、初めてフランチャイズ契約を考えているという人にも向いていると言えるでしょう。

もちろん、契約までの加盟相談も納得がいくまで個別で対応してくれます。

千房のフランチャイズに関する情報